前へ
次へ

バーチャルオフィスは主に住所をレンタルするサービス

オフィスを借りるレンタルオフィスに対して、バーチャルオフィスは住所を借りるという定義になります。住所

more

バーチャルオフィスの特徴をしる事が大切

仕事をする上で会社に出社して作業をするということは一般的でしたが、現代社会において働き方も大きく変化

more

都内一等地に住所が持てる格安のバーチャルオフィス

ネットショップを始めたいけど自宅の住所を知られたくないとか、フリーランスで事務所がほしいけどできるだ

more

バーチャルオフィスとはどんなものか

バーチャルオフィスとは、オンライン上にあるオフィスの事ではありません。事業用の住所を貸し出すサービスで、実際に利用することのできる事務所を提供しているレンタルオフィスや他の企業と共同で使用することのできるシェアオフィスとは大きく異なります。また、異なる企業の人材が同じスペースで作業場をシェアするコワーキングスペースとも違うため、利用する際には注意が必要です。バーチャルオフィスのメリットは、物理的なオフィスが存在しなくても住所や電話番号を手に入れられる点といえます。住所をレンタルできるから法人登記をすることも簡単です。ビジネスシーンで信頼性を高めることができることなどから、注目が集まっています。特に新型肺炎の影響によって出社しなくてもよくなったことからオフィスの存在意義に対して疑問を呈するビジネスパーソンも増えてきており、企業の中には経費節減のためにオフィスを閉鎖するところも出てきました。バーチャルオフィスを活用してビジネスシーンで多くの人へ信頼できるオフィスがあることを明示しつつ、普段はコワーキングスペースなどを活用して出社せずとも業務を遂行できるようになっているのが特徴です。なお、バーチャルオフィス運営会社側では様々なオプションサービスを提供しており、書類・郵便物の受け取り・保管・転送サービスや、電話秘書・電話代行サービス、会議室レンタルサービスなども充実しています。固定電話番号を必要とする企業に向けて、固定電話番号レンタルサービスもあるため、自社の希望するサービスを組み合わせて契約することが可能です。利用に向けてオンラインで手続きができるところもあることから、短期間で利用可能となっているところが少なくありません。そのため、起業してすぐ社屋を持つまでに至っていない企業の中には、率先してバーチャルオフィスを活用するところもあります。バーチャルオフィスのデメリットは、一部の業種では開業のために利用できないため、自社の業務が利用可能か事前に確認してから利用することが必要です。

バーチャルオフィスで23区の住所を手に入れよう!

Page Top